見失った自分。 陽子のラブ・ソング#1

陽子 34歳
作曲家
好きな曲:Black bird


愛されたくて

相手が

望む自分になり

優しくされたくて

相手の

わがままを受け入れ

守られたくて

相手に尽くした

自分を

失っていることにも気づかず

自分を

傷つけ続けていた。

やっと気づいた時には、

逃げ出すことのできない
孤独の世界にいた。

深く重たい哀しみを
手離せないまま

暗闇の中で
ひとりうずくまり

行き場のない

孤独な思いが、

心と体を固く小さくした。

存在が

消え失せてしまう寸前で

心が最後に求めたのは、

音楽だった。

重たく引きずる心に

重低音のリズムを合わせると

わかってるよ、と言って

胸を叩き続けてくれた。

このままもう燃え尽きて、
登っていけたなら

どれだけ楽だろう。

それにはまだ早いみたいだし、
まだ役割があるようなので。

自分自身を癒すため

自分で自分のために

微かにしか動かない指先で

優しくスローな音色を、震わせた。