ブラックバード

Black bird


“Black bird”は、ビートルズの曲。

1968年に発売されたアルバム『ザ・ビートルズ』に収録されています。
私と同じ年齢〜。

『ザ・ビートルズ』は、真っ白なジャケットなので、
ホワイトアルバムと言われています。

そこに、ブラックな鳥…

この曲に出会ったのは、アメリカのドラマ「Glee」
大好きなカート君が歌っていました。全身真っ黒な服で。

(カートを演じる、クリス・コルファーさんの声は純粋で優しい)

この曲が大切な曲になったのは、

神経が疲れ切って、
もうダメだっ~て時にず~っと聴いていて、

正確にリズムを刻むコツコツという音(ポールの靴の音だって!)と
ビン~と弾けて響くG音が

徐々に、徐々に、
乱れた神経の束を、解きほぐし整えてくれました。

そして、自分で弾きたい!と
ギターを始めるきっかけになった曲です。


Blackbird / Beatles

Blackbird singing 
in the dead of night
Take these broken wings 
and learn to fly
All your life
You were only waiting 
for this moment to arise

Blackbird singing 
in the dead of night
Take these sunken eyes 
and learn to see
All your life
You were only waiting 
for this moment to be free

Blackbird fly, 
blackbird fly
Into the light of 
a dark black night

Blackbird fly, 
blackbird fly
Into the light of 
a dark black night

Blackbird singing 
in the dead of night
Take these broken wings 
and learn to fly
All your life

You were only waiting 
for this moment to arise
You were only waiting 
for this moment to arise
You were only waiting 
for this moment to arise

黒人女性の人権擁護や解放について歌った内容…ということです。

公民権運動が盛んだった時代。
この年はキング牧師が亡くなっている。

とても深い詩なんだ。

今また大きな現象が起きてる。
50年たってもあまり変わらない。

とても根深い問題だけど、
皆の心を変えれば一瞬で解決することなんだよね。



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です